PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

純ちゃん

1006.jpg

レディが生きていた頃、よくいったペンションがあります。
そこには純と蛍というラブラドールがいました。
レディが骨肉種で亡くなり、お骨をペンションの前の木に少し
まいてあげました。
あれから数年。

純ちゃんの調子が悪いと連絡があったのが8月のこと。
近くの病院で診てもらったんだけど、先生のところで診察をしてもらえないか
とのことでした。

倶知安から純ちゃんを連れてきてくれたペンションのお姉さん。
純ちゃんは呼吸が苦しそうで、立つことすらできない状態でした。

父ちゃんが診察をした結果…。
「レントゲンで診た結果、胸にかなり水がたまってます。エコーや触診したところ
おなかには腫瘍があるようです。
肺転移も認められます。
レトリバー系に多いのは血管肉腫という腫瘍。
残念ながら…手術しても体に負担がかかるだけだと思います。
食べられるものを食べさせてあげて、あとは本人の自由にさせてあげることが
一番だと思います」
と言いました。

お姉さんは気丈に振舞っていましたが、妹さんは耐え切れずに涙をこぼして
聞いていらっしゃいました。

純ちゃんたちが帰ったあと。
父ちゃんはずっとずっと机に向かって何かを考えていました。
きっとあの宣告をすることも相当辛かったんだと思います。

それから約1ヶ月。

純ちゃんはがんばってがんばって、けど、残念ながら息を引き取りました。
家族に看取られながらだったそうです。

息を引き取ったという連絡を受けてから1ヵ月後。
なんとお姉さんとペンションのママさんがうちまで御挨拶に来てくださいました。
まだまだ辛く、お骨にしたあとも埋めることができないそうです。
「純が寂しがっている気がしてならないの…」とおっしゃってました。

今日も車に純ちゃんのお骨を乗せて一緒に来てました。

私はそれでもいいと思います。
いつか純ちゃんの御家族が土に還してあげようと思ったら…
その時が来るまで。

おいしい、かわいらしいお菓子を持って来てくださいました。

本当に愛されていた純ちゃん。
どうか安らかに…

| 動物病院 | 15:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ladyfelizdog.blog46.fc2.com/tb.php/291-ed6392f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。