PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

情報が足りない!

自分の病名が分かったところで、今度は病院探し。
同じ病気で治療を受けた人の情報が欲しかったのですが、とにかく情報が足りない。
どのような手術をするのか、術後の経過・その後の予後。治療方法。
ざっくりと「この病気は~で・・・」ってのはあるんだけど、実際どの病院で
どの先生の手術を受けたのか、なんてネット上には全く書いてないんです。
あ、地方はチラホラあるんですけどね。
道内のがない…。

口コミを探したり、それぞれの病院の論文を探したり。
じっくり時間をとることなんてできないもんだから、中途半端に見つけて読んでの
繰り返し。
気持ちばかり焦ります。イライラして、不安になって。

けど、もうあまり迷ってる時間もなかったのと、できればミヤビが冬休み中に
手術を希望したかったこともあり、自分で決めた病院を最終候補に決めました。

転院を希望した所、先生は快諾してくれました。
で、「紹介状とデータを渡すので明日にでも取りに来てくれますか?」と
言われ、お願いしますと頭を下げて待合室に戻りました。
すると40後半くらいの看護師さんがやってきて、「あ、すみません。あのー。」と言う。
「?」と顔を上げると
「結局手術は○○病院でやってもらうことになったんですか?
私、途中からいなくなったから話きちんと聞いてなくて」と言う。
「あ、はい。すみません。色々と丁寧にお話してくださったのに」と謝ると
看護師さんも「いえいえ。こちらこそ聞いてなくて(^-^; 紹介状も
先生が書くっておっしゃってました?」
「あ、はい。明日って言われたんですけど・・・先生お忙しいんじゃないでしょうか。
明日で大丈夫なんですかねー?」と聞くと
「ああ、明日までに書くって言ったんだから書くんじゃないですかねー」と
看護師さん。

「…(-_-;)なんかすみません」と私。
「いえ、こちらこそ全然把握できてなくて、なんかすみません」と看護師さん。

確か自分は悪性腫瘍で、結構首切るよ?的なことを言われ、ドラマとかなら
すっげー落ち込んだり泣いちゃったりするんじゃない?って条件そろいまくりの
状況だったんですが・・・。
なぜかこの看護師さんがあまりにも分かってなさすぎて、爆笑してしまいました。

そんな感じで次回、いよいよ手術をする病院へ行くことになりました。

| 甲状腺癌 | 12:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT