PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

入院から手術前日のこと

1月4日。
入院当日。
この日は大雪でした。

仕事も始まる日だったので、まずは旦那の運転でナオちゃんを保育園へ送っていく。
何も変わらず無邪気に笑うナオちゃん。
保育園の先生には入院することは伝えてあったので、私の入院中ナオちゃんをくれぐれも
よろしくお願いしますと頭を下げる。
ナオちゃんのニオイをいーーっぱい嗅いでから「ばいばーい」と手を振ると
ナオちゃんはそのままスッと教室へ。
ちょっとその後ろ姿に泣きそうになる…。もし自分が手術中に亡くなったりしたら、これが
ナオちゃんの最後の姿!?なんて不吉なことを考えたり。

そこから近くのJR駅まで送ってもらい、私は一人ホームへ。
すると構内アナウンスが流れました。
『旭川・岩見沢方面大雪のため、運休となっております。札幌行きは只今到着する列車のあとは
30分後までありません』

…なんだってぇーーー!!!??

入院中あんまり旦那もこれないだろうからと、できる限りの荷物をスーツケースに
押し込んできたんだけど、これを「うりゃー!」と持ち上げてあわてて切符を買って
改札口を駆け下りました。
癌患者とは思えないねえ(笑)

私の人生っていっつもこう。
いざ当日に何かハプニングが起きるのよねーなんて思いながら、ゼイゼイ言ってJRに乗り込みました。

なんとか病院にたどり着き、入院手続きへ。
そこにはたくさんの患者さんが手続きをしていて、こんなにもたくさんの人が今日入院するのか!と
驚きました。
その中には熟年おばちゃんのご家族もいて、「え!?部屋まで荷物持っていってくれないの!?
案内もなし!?」と怒ってました。
同じ家族の人が「ホテルじゃないんだから…^^;」と突っ込んでましたが、確かに(笑)

ちょっと緊張しながら入院病棟へ行くと、ナースセンターで待ってた看護師さんが
案内してくれました。
たくさんある病室の一番奥から一つ手前の部屋。
4人部屋の窓際でした。
「よろしくお願いします」と頭を下げると、向かいには50代前半の方が。
私の隣りには70歳の女性がいました。

お二人とも年末から入院されているそうで、色々と教えてもらおうと思ったら…
「ladyさん。今麻酔科から呼ばれたのですぐ着替えて行ってください」と看護師さん。
へ?
荷物を片付ける暇もなく、あわてて麻酔科へ。
そのあとも手術前の説明やら、同意書やら。
いろんな手続が次から次へとやってきて、しかも着いて1時間もしないうちにおひるごはん。
昼ごはん、なんと11時半なんです。
なんだかよくわからず食べる私。

その後もバタバタしてる間に夕飯。
夕飯は5時半。9時には消灯。寝れるかな…と心配に。

結局あんまりぐっすり眠れないまま手術前日を迎えてしまいました。
しかも枕は固いし高いし、ベットマットレスも固い。
体は痛いし、途中で少しやわらかめに変えてもらったけど、それでも大変でした。

手術前日は鎖骨に変なマークを書かれる(-"-)
家族には「元気にごはん食べたよー!」と自分で写メ撮って送りました。

写真は続きをクリックするとみられます。


0106_20130130113513.jpg

もちろん食事はすべて完食!
当然です。

| 甲状腺癌 | 16:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。