PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちょっと弱音

味覚障害バンバン来てます…。
味がわからない。
食べることが大好きな私なのに、何を食べてもおいしくない。
鰹ダシのしっかりきいたそばを食べても、茹でたソバのみを食べている感覚。
パンを食べても食感しかわからない。
バターの味なんて全くしない。

私、アイソトープ治療は隔離されて3日目はもう本当に限界でした。
解放されて違う部屋に移ったものの、同じ核医学病棟で、本当にトイレが吐きそうなくらい
臭かった…。
私はニオイは本当に敏感で、もう寝ててもトイレの臭いがくるくらいで…。
しかも用を足したあと、ボタンが外の壁だからすぐ流せない。
(これは、実際治療するためにあの病棟に入院した人にしかわからない)
あれもまた耐えきれなくて…。

退院して帰ってきて、もう私はとりあえず日常を取り戻していいんだって思ってるのに、
何かを食べようとするときに(あれ?これって食べちゃいけなかったんじゃ!!)って一瞬
パニックになるのです。

そして味覚障害出てるせいで、味がおかしいし、おいしく感じられない。
夜に喉が乾いて何かを飲みたかったのですが、とりあえず水を…と思ったら、体が拒否反応を
示すかのように急に気持ち悪くなりました。
あの部屋、そして臭い、水とお茶しか飲めなかった毎日が脳に刻み込まれた感じで、
とにかく思い出してはムカムカして…。
自宅のトイレに入った時も、もわっと何かを思い出すのです…。
なんかこれが辛くて辛くて…

いつか解放されるんだろうか。
不安になります。

そんなわけでずっと思い出しむかつきを繰り返しています。

こんなんで半年後にもう一度やれるのだろうか…・

次回はタイロゲンを使えないので、チラージンをきって治療にのぞまなければなりません。
先生からは「次回は辛いです」とはっきり言われました。
正直、チラージンを切って治療に臨んでいた患者さんと入院中知り合いましたが、
そんなに辛そうではありませんでした。
けど…
私はチラージン切ってないのにあんなにつらかったから、きっと辛いのだろう。

今回の病気でブログを通じて知り合った方に何度かメッセージを送らせていただき、
たくさんのアドバイスをいただいたのですが、その方が「思い出しただけでも吐き気がする」と
おっしゃってました。
今はそのお気持ちが十分にわかります。

治療を甘くみていた自分がいました。

味覚障害…早く治ってほしいです。

| アイソトープ治療 | 23:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT