PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

My 箸

DSC_1083.jpg


以前行った木曽福島の木地屋やまとさんから頂いた削る前のヒノキのお箸。
それとは別に、加工されたお箸も購入してきました。
ものすごく軽く、持ちやすく、色合いもとても良い漆塗りのヒノキのお箸。
これ、五膳で1,050円なんです!!
驚くでしょ!?
大丸とか行ったら一膳でこの値段ですよね…。
しかも、ヒノキはヒノキでも、木曽檜という種類なんだとか。

ちなみに一番右の少し細めのこのお箸。なんと竹です。
この細さ、しなやかさに一目ぼれ…!!

こりゃあ、お料理の腕を上げなければ(笑)

DSC_1084.jpg

削るお箸の方は、時間をみては少しずつ削り、仕上げてみました。
一番右が削る前のもの。
ちょっとだけ加工されています。

旦那に「ほれ。自分のお箸を作ってみなよ」と渡したところ、さすがは旦那…。
私達以上に器用に綺麗に仕上げちゃいました(笑)

右から2番目が旦那作。太さもバランス良い。
その次が私。先の細さを追及しました(笑)
最後がミヤビ。
初めてにしては良くできています!

お店の方に教えてもらったのですが、これらにオリーブオイルを塗って
3週間ほど乾かすといいそうです。
「無垢のお箸もまた味があっていいんですよ」と。

職人さんからそういわれるとなんでも素敵に思えてしまう。
木を知り、木と向き合い、木と共に生きてきた彼らの言葉はすべてが
重く、そして神秘的に感じました。

私もそういう獣医師になれたらなあ…。

| Handmade | 14:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。