PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

乳腺外科受診

615_3.jpg

先月末、乳腺外科クリニックを受診してきました。
乳がんチェックをするためです。
なんと、最後の受診から5年もあいていたようで、先生から「5年は空けすぎですよ」って
言われてしまいました。
そして、ここで前回乳腺のチェックをしてもらった際に、なんと甲状腺も診てくださって
いたようでした。
乳腺と甲状腺はセットの病院が多いのです。
なので、私の病気を伝えた時に先生も驚いていました。
本来甲状腺がんは進行が非常にゆっくりなので、5年の間に急激に成長したのか!?と。
そう聞くとやはり不安になります。
今残っている癌も、一気に成長するのか?と…。

けど、先生に「病理の検査結果は『大部分は乳頭癌の所見だが、ごく一部において
低分化癌の所見を認める。この低分化成分はごく小範囲にとどまる』と書いてあったんです」
と伝えると、先生は笑いながらおっしゃいました。

「なんだ~!そしたら『がっつり低分化癌』じゃなくて、『なんちゃって低分化癌』
なんでしょう!それなら大丈夫!そんな毎日癌におびえて生活するんじゃなくて、
笑いながら明るく生活しなさい。そしたら免疫力上がって癌も抑えられるんだから。
落ち込む必要なんてないよ。しっかり検診受けてね」

心の奥底に固まってた不安というしこりが溶けていくような、本当に心が
救われる先生の言葉。
思わず泣いてしまいました。

核医学の先生は「あなたはこの病気では死なないよ」って言います。
けど、どこかやはり不安はありました。
まだ完全に消えたわけではないですが、先生にそう言ってもらえたことは
とてもよかった。
まずは前向きに考えて行こう。

| 未分類 | 16:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT