PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

続く体調不良…唾液腺炎編

8月の終わり、旦那の買ってきてくれたホカ弁(鶏の南蛮漬け)を食べようとしたとき
突然両耳の付け根がガーーー!!と痛くなってきました。
ええ!!??
まさか、唾液腺炎?
ヨード治療の影響にしては、あまりにも期間が空きすぎている。
この症状が出た前日に甲状腺の定期検診で受診した時は全く問題ありませんでした。
まるでおたふくのように顔が少し腫れ、1日冷やしながら様子をみたものの
痛みは治まらない。
そして、食事の時に限ってやはりこの症状は起こる。
不安になって、再度病院を受診。担当医は不在で、代理の先生が
診てくれました。
しかし触診だけして、診断は『軽度の唾液腺炎』

…軽度?これで?
「抗生物質3日分出しておくんで、飲んでおいてください」
で、以上。
「再発という可能性はないですか?」と聞いたら
「そんなに急激に腫大する腫瘍なんて、どれだけ悪性でも考えにくいですね」
と若干笑いながら言われたくらいにして(-"-)

チクショー。わかってはいたさ。
けど、やはり不安じゃないですか?だって癌だもの。炎症でOPEしたんじゃないもの。

ま、軽度ならそのうちひくか…と安心していたのですが、やはり症状は治まらず。
どーしても気になって、再度受診。
今度は担当医にわがまま言って無理やり予約入れてもらいました。

こういう時って大きい病院は大変ですね。
パッと受診できない…。
結局前医と同じく「唾液腺炎」でした。ヨード治療との関連は不明。
期間が空いているので…。ま、そうだな。
一番気になったのは、『唾石』という存在。
唾石というものが唾液管に詰まっていると、食事などのたびに刺激されて
流れが悪くなり、腫れあがるらしい。
それを聞くと、「ladyさんの場合は耳の付け根から頬にかけて痛みがあります。
ここは耳下腺になるわけですが、唾石は顎下腺に多くできやすく、耳下腺は
ほとんどないんですよ。僕は今まで見たことないんです」と。

ちなみに唾液腺炎は唾液開口部から排膿が認められる、とあったのですが
自分が見る限りでは排膿らしい排膿はない。
けど、明らかに唾液の味が変。

結局これも「マッサージして対応するしかないね」で終わり。

なんだかなぁ…。
「副作用」だから我慢してね、って感じ。
術後の辛さは一生懸命になってくれるけど、その後元気になってから起こる
副作用や後遺症は「仕方ない」で終わるのって…どうなんだろう。
手術侵襲による大きな痛みよりも、耐えられるけどじわじわ続く痛さや辛さのほうが
ずっとずっと苦しくないか?

そんなことを経験し、動物たちにも同じことがいえるな…と感じたのでした。

| 甲状腺癌 | 10:55 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

Re: 初めまして、同感です。

ゆきえさん初めまして!
コメントありがとうございました。
内容が非公開だったので、詳しくお返事できないのですが
良かったら公開コメントで再度いただけませんか?
私達の病気を含めて、ちょっとしたことでも情報を求めている方は
多いんだなあとブログを通して感じております。

それと、もしコメントくださるときはメルアドは掲載しないで
メッセージだけ載せてくださいね♪
不特定多数の人が見ることができますので
変なメールが送られては大変ですので^^;

| lady | 2014/12/15 23:49 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/12/04 08:21 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT