PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一時帰宅 その2

実は一時帰宅することをミヤビとナオちゃんには伝えていませんでした。
ちょうど学校終わるころに私は無事帰宅。
その途中に降っていた雨がやみ、とても綺麗な虹が見事に半円描いて空に浮き出ていました。
内服した当日にも窓の外に虹が見えました。
なんとなく、父が応援してくれているような気がしてました。

すると、しばらくしてミヤビが帰宅。
私がいることを知らないミヤビは、帰宅早々に「父ちゃん!!すっごい綺麗な虹だよ!」と叫んでました。
そして階段上がりながら「じぃじが来てくれた~~!!」というのです。
それから私の姿を見て、しばし硬直…(笑)
「母ちゃんだーーーーー!!!」
もうハイテンションです。

ようやく興奮も落ち着いてきたとこで、「なんで虹が出てるからじぃじが来てくれたってなるの?」と
尋ねてみると、とても驚きの回答が…。

「じぃじは雨男だったんでしょ?(ホントにひどい雨男でした(笑))そして、じぃじはすごく
頑張って病気と闘ったよね。頑張った人には光がさすの。
雨が降ったところに光がさすと、虹ができる。だから虹が出てるところにじぃじがいるの」

これ、9歳の女の子が言う言葉なのでしょうか?
ものすごく納得し、そしてミヤビの感性に心底驚きました。

お父さんもきっと喜んでうなづきながら見てるだろなあ。

その後、何も知らないナオちゃんも旦那のお迎えで帰宅。
ちょっと保育園で帰り際にトラブルあったようで、かなりグズグズしてたようでした。
帰ってきたときに「ナオちゃーーん!お帰り~~!」と私が叫ぶと、ナオちゃんはびっくりした顔で
「母ちゃん、チックン終わったの?もう痛くない?悪いとこなくなったの?」
と聞いてくれたので、「もう治ったよ!ナオちゃん、保育園いやだったの?」と聞いてみました。
すると、みるみるうちに顔がゆがみはじめ、目に涙をいっぱい浮かべて唇かみしめて…

きっと、保育園がいやだったんじゃなくて、私がいなくてさみしかったのを一生懸命耐えてたのかな、なんて。
思わず、もらい涙…(涙)

感動の再会となりました。

しかし、元気だったのもつかの間、午後から体調一気に悪化。
ムカつきがひどくなり、横になっても薬を飲んでもまったく取れない。
夜になって早めに横になったのですが、とにかくひどい悪寒。そして急に体が火照る。汗をかくのです。
これを繰り返していました。
眠りも非常に浅く、バンバン夢をみます。
やばい…本格的にやばいぞ。
きっと調子に乗って買い物行ったりしたから風邪ひいたわ…と思い、ふと担当医の言葉を思い出す。

「チラージン切ると甲状腺機能低下症の症状が出てくるのですが、眠りの質が悪くなってもきます」

これか!
きっと甲状腺機能低下症の症状が出てるせいで悪寒や冷や汗、浅い眠りが出てるんだ!!と
思いました。
そう思ったらなんだかスッキリ(笑)
だって、風邪じゃないならすぐ解消されるもの。
風邪だとちょっと厄介じゃないですか…。

解決したことで、一気に気持ちが軽くなったのでした。

| アイソトープ治療 | 23:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT