PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヨード治療可能な数値

1121_2.jpg
「だし」と書いてあるだけで幸せになれる開放後(笑)


ヨード治療を始めるまで、患者は数週間ヨード制限をしなければいけません。
以前ヨード制限食疑問点というタイトルで書いたことがありますが
自分がどれだけがんばっても、実際目に見えて「これなら大丈夫!」というものが
ないと治療効果に対して不安になります。
そこで先生に聞いてみたところ、私の放射性ヨード内服の直前の血液検査の結果は

TSH 117.95μU/ml (正常値0.38-4.31)
サイログロブリン 29.8ng/ml(000-32.7)


TSHは30以上あれば治療可能だそうです。
つまりきちんとヨード制限できたかどうかに関しての数値は、TSHのみが確認できるものって
ことかな?
サイログロブリンは30以上あれば甲状腺腫瘍が残ってるのかな…というひとつの指標に
なるそうです。(診断には使えない)

ちなみに、私は今回初めてチラージンを切っての治療となりましたが、内服まで
全く甲状腺機能低下症の症状は出ませんでした。
(例:食欲低下、倦怠感、便秘や悪寒など)
先生からは非常に驚かれ、「いやぁ…TSH117まで上がってたら、普通は結構しんどいはずなんですが」
って(笑)

その時の私は内服後3日目には出てやるという闘争心のみで動いていたので
その気迫で消されていたのかもしれないな。
なんせ戦闘民族なので ^^;

| アイソトープ治療 | 23:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。