PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

内服直後から開放までの体調記録


25日 14:00 I131カプセル内服

実は内服前から胃の不快感が出てました。
私は甲状腺機能低下症の症状はあまり強く出ることなく、先生や
看護師さんから「なんでそんなに元気なの?」と不思議がられるほどに
元気だったのですが、今回に限っては胃が常にムカムカ…。
プリンペランは常用していました。
便秘は最後までなし。
これはありがたい。
人生の中で便秘などなったことがないものですから(^_^;)
左の手術した部位の唾液腺もすでに腫れている感じだったので、
内服後すぐに冷やし始めました。

20141125_1.jpg


私の冷やし方(笑)
100円ショップで柔らかめのターバンを購入し、同じく小さ目のアイスノン
(私は手のひらサイズのものを使用)にガーゼをまきつけて、唾液腺の
部位にあててターバンで固定します。
こうすると両手が自由になります。
写真がなぜセピア色になっているのか?
それは、スマホが汚染されないよう3重のビニール袋にて
コーティングされているから。
なんとか写真は写せました。
あ、画面タッチは全く問題ありません。

夕飯も問題なく食べられました。

26日
【朝】
主食(米飯)を食べられず。すべて残す。副食はなんとか完食。
【昼】
胃のムカつき治まらず。副食も完食できなくなる。
【夜】
ほぼ横になって過ごすが、やはりムカつき治まらず。
食事を下げてもらい、ハンバーグだけかろうじて口にする。

気持ち悪くても、なんとか必死に食べないと排泄量が減るため
体内のヨード排泄量も下がり、結果として開放される日がずれる
可能性が!
この辺はものすごい気合いが要ります…。
しかし、どうやっても食べられないものは食べられないのですよね(涙)
必死に耐えるしかないのです。

| アイソトープ治療 | 15:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。