PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

内服直前のワタシ。

私の放射性ヨード内服の直前の血液検査の結果は

TSH 133.64μU/ml (正常値0.38-4.31)
サイログロブリン 21.1ng/ml(000-32.7)

昨年の数値からするとTSHは上がっていますが、サイログロブリン値は下がっていました。
昨年の治療から今回の入院まで、私のTSH値は0.06→0.01
サイロブログリン値は1.4→0.9まで下がっていました。
治療反応も良く、チラージンでうまく抑えられているとのことで
今回I131を内服してそれほど取り込みがなかった場合、一旦治療は終了すると
事前に聞かされていました。

右の頚部にある腫瘍は大きさもまったく変化なく、そして2度の治療でも
取り込みがありませんでした。
今回もおそらくないだろうとのこと。
取り込みがない腫瘍は2度目、3度目の治療をしても取り込むことは
まずないそうです。
そのため、マイナス効果の方が大きくでるだろうとのこと。

治療が終了になれば、この辛い治療から解放される。
けど、次に腫瘍が大きくなれば、第一選択肢としては手術となる。
手術は術後の負担はやはり大きい。
取り込みがあれば、またこの治療を続けられるが…。
正直、取り込みがあった方がいいのか、ない方がいいのかは
自分自身わかりませんでした。

内服前はやたらと看護師さんが来て、荷物や引き出しの最終チェックを
していきました。
もう3回目だからわかってるよ~…というものばかりでしたが、それでも
入念にチェックしていかれます。

今回内服する患者さん向けのパンフレットがリニューアルしてました(笑)
写真やイラストを多く取り入れたとのこと。
ここに載せようかと思ったのですが…。
正直、部屋の様子とか食事のあとかたづけのバケツなどを見ただけで
蘇る胃部の不快感…(-_-;)…
オエっとなってしまうので、掲載はゴメンナサイ…。

これは体験した患者さんならわかってくださるかと(^_^;)

| アイソトープ治療 | 14:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

助けてくれるたくさんの人達に感謝

今回の入院に関しても、本当にたくさんの方が励ましてくれて、
同じ治療仲間の姐さんは顔見せに来てくれて…。
内服して隔離されてる間も友人達が応援メッセージをたくさん
送ってくれました。

中には飼い主さんも応援してくれてました。
本当に嬉しかったです。
内服中はまた別記事で書きますが、今回は本当につらかった。
気持ち悪くて、この私が全く食べられなくなりました。
そんな中、すごくすごく救われました。
家族が応援してくれたから、そしてみんなが励ましてくれたから
頑張れたと思います。
本当にありがとうございました。

私はこんなにもたくさんの人に支えられて生きてるんだなあと
本当に嬉しく思いました。
みんな、自分のことより私のことを考えてくれて…。
ありがとう!!!

| アイソトープ治療 | 00:10 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

変わったこと・変わってなかったこと

3回目の入院。
もう流れは頭にばっちり入ってる。
そして、あの独特のニオイもばっちり覚えてる(-_-;)

3回目で変わったことがありました。
一つ目。
核医学病棟への扉がオートロックになりました(笑)
暗証番号入れないと入れません。
結構メンドイ。
だって、開放後ディスポの容器のうちは食事を部屋で食べないと
いけないのですが、前の扉の時はトレー持ったまま尻で扉を
押して開けられたのに、オートロックになんかなったもんだから
一旦食事の乗ったトレーを置かなきゃいけない。
靴箱の上とかに置くのがとってもとっても躊躇われるのです…。
けど、入院当初に「ladyさんは3回目だから説明することはないわね~」と
笑いながら言われたときに、「なんも変わってないんでしょー?」と聞いたら
「扉がオートロックになりましたよ( ̄ー ̄)」
と、自信たっぷりに言うから、「えー!だって中は変わってないでしょー?」と
突っ込んだら
「まずは手前から、です(笑)」
って(笑)

あと、リップクリームが一種類だけOKになりました。
女性には嬉しいですね。
それでも、やっぱり珈琲はダメ。
けど、女性の先生かなり頑張ってくれたんですってー
感謝ですね。

変わってなかったのは…前にもブログで書いた、やたら過剰反応して
「マスクしてください!!」
っていう看護士。
私の時はちょうど内服中は担当で回っては来なかったのですが、他の人の
話を聞いてると、やはり内服後に患者から排出される放射線に必要以上に
怯えている感じ。
ものすごい離れたとこからこっそり見て帰っていくとか・・。
…これは内服する患者にとってはものすごいショックです。
辞めてしまえ!!

| アイソトープ治療 | 23:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

入院しました

朝、いつも通りミヤビを送り出し、ナオちゃんを保育園に連れていく時間に
合わせて自分も一緒に車に乗り込み、私は駅でおろしてもらいました。

病院行くまでにどぉ~~~~してもおいしい珈琲飲みたくて
駅のスタバで頼んでしまいました。
いいの。
ドリップした珈琲にはヨードは含まれていないっ!!
入院したら、内服して開放されるまで国産の水と給水場のお茶以外
飲むことが許されません。
せめて、病院着く前に一杯くらい…。

これがまたうめぇ!
駅からはタクシーで病院に向かいましたが、病院前でしっかり味わってから
入退院センターに向かいました。

行き慣れた(?)階で降りてナースステーションに向かうと、もうすっかり
お馴染みの看護師さんが。

私の病気がわかったとき、その後どのような治療が必要かを調べ、アイソトープ治療という
特別な治療ができる施設を探しました。
結果、手術もできて、その後同じ病院で治療ができるよう、この病院を選びました。
その時耳鼻科でお世話になった看護師さんの一人が、前回の治療の時から
なんと核医学科に移動になってたのです。

「あーー!!ladyさーん!」
「きゃー!〇〇さんっ またまた来てしまいましたよ~」

と、思わず手を取り合ってしまいましたが、まあ、あんま再会にふさわしい場所では
ないですよね…。
さらに唯一の女性の先生は私と同い年。
話も弾みます(笑)

荷物を整理してたらあっという間に昼ごはん。
一度同じ病院で入院されたことのある方ならわかる、あのメニューです(-_-;)

毎回、一般病棟から内服直前に例の核医学病棟に移ってきて、とか
内服後は一般病棟へ移動…って人をみてきましたが、私はなぜか?最初から最後まで
あの核医学病棟内で過ごしました。
3回目の治療ですが、3回ともそうでした。
まあ、テレビ見放題だし、個室だし、消灯なんて無視できるし、トイレの不便ささえ
除けば気楽って言えば気楽。
ワタシには合っていたかも?

昼ごはんにディルームへ行くと、同じく「ヨード食」と書かれたプレートを
乗せた女性チームが集まっていたので、声をかけて一緒に食事をすることに。
一人は私ととても年齢が近い、40代の女性でした。
とっても話しやすかったです。
他は60~70代の女性。
特に70代のおばあちゃんはとっても優しい方で、もう6回目の治療だと
おっしゃっていました。
骨転移があるそうです。
「でもちっとも痛くないのよ」
と言いながら、色んな話を聞かせてくれました。



| アイソトープ治療 | 23:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

退院日

無事、退院の日を迎えました。

治療結果はというと、取り込んでほしいところに取り込みはなく、前回甲状腺摘出した部位に
集中して集まっていて見えなかったと思われる左リンパ節に取り込みがありました。
先生からは「取り込みがあったので、3回目の治療をお勧めします」と提案されました…。

「どれくらいやれば…」と聞いたところ、「取り込む腫瘍がある限りはずっと続けた方がいいですね。
あなたはまだ若い。やれる治療は副作用がひどくない限りは続けていくのが望ましいし、叩けるうちに
叩いておきたいというのが私の希望です」と。

治療方法があるだけ幸せだ、と思います。
同じ癌サバイバー仲間や、ブログで知り合った方の中にはもっと辛い宣告を受けた人もいました。
そして、何より治療方法がもうないと言われながらも必死に母の作った手料理を食べ、最期まで
想像を絶する癌性疼痛の激痛にロキソニンだけで耐えて散った父のことを思うと…。
まだまだなんてことはない、と思わないと申し訳ない。

そりゃ健康な人はうらやましい。
なんで私が?まだこれからだってのに。もっと不健康なことしながら仕事を毎日元気にやってる
人だっているじゃん。
なんで私?なんで今?

そう思い始めたらきりがない。

やっていくしかないんだ。

いっぱい支えてくれる夫がいるし、かわいくてたまらない子供たちがいるし、遠方で
応援してくれる家族もいる。
身近な友人も常に心配して応援してくれるし、病院で知り合った仲間やブログを通じて知り合った
会ったことはないけどとても身近な仲間もいます。

私は幸せな立場にいるのですね。

そんな気持ちで病棟を出ようとしたら、なんとナースステーションにいた看護師さん全員が
「がんばりましたね!」「お疲れ様ー!!」「美味しいものをたくさん食べてくださいね!」
等々…
みんなが私を見送りに来てくれました~~!!
感動…(;_;)

またお世話になります~!と言って、病院を後にしました。

そして…さっそくその足で「味覚障害出る前に」第2弾(笑)
1125.jpg

やっぱだしのきいた味噌汁うめー!!しじみ汁うめーー!!

うん。まだ味覚障害は出ていません。

| アイソトープ治療 | 23:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。